相談室ラポール

RAPPORT

特定相談支援 障害福祉サービスの利用申請に当たり サービス等利用計画についての相談などの支援を行うとともにサービス事業者等の関係機関との連絡調整などの支援を行いす。

information

事業所名:相談室ラポール
対象者 :障害児者
対象地域:西牟婁圏域or東牟婁圏域
許可番号:3032410437
許可番号:3072400223
相談支援専門員:山下 守
TEL  :090-5243-9919
住所 :和歌山県西牟婁郡白浜町3331(本社併設)
MAIL:info@kirari2012.asia

令和3年8月現在の 登録者数

0
契約者数

福祉サービス
利用の為の計画案
作成・・・

サービス利用支援とは、障害福祉サービスを利用するときに、その利用者にとってどのような障害福祉サービスが最適かをマネジメントします。

障害福祉サービスの申請時に提出する『サービス等利用計画案』の作成から、障害福祉サービスの支給が決定した時の連絡や調整、サービス等利用計画の作成に至るまで行います。

自立した生活や社会生活を円滑に行うために、障害がある方にとってどのような支援が最適なのかと相手の立場になって考えてサービスの提供までをサポートします。

利用者さまと
モニタリング

②継続サービス利用支援

障害福祉サービスで利用したサービスがその方にとって最適であったかということを常に見直し、修正していくことが大切です。

継続サービス利用支援では、作成された『サービス等利用計画』が適切であったかを評価し、必要であれば見直しを行いより最適なサービスへ修正を行います。

他にも、見直しを行い新しい障害福祉サービスを利用するために支給決定を行わなければならない場合には申請の推奨を行います。

『地域相談支援』と『計画相談支援』は異なる?

障害福祉サービスの利用をするにあたり、『相談支援』と一括りにされることがある『地域相談支援』と『計画相談支援』ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

『地域相談支援』と『計画相談支援』ですが、どちらも障害がある方が地域生活を行う際や移行していく時に必要となる支援やサポートについて相談を行ったり、就労に対して支援を行います。

しかし、『地域相談支援』は地域生活を長く営むために外出の同行を行ったり、住むための部屋を探したり、障害福祉サービスの体験利用や宿泊体験を行うなど、自分の生活を行うための支援になります。

その一方で、『計画相談支援』は先ほど紹介したように、障害福祉サービスの利用のための申請を行うにあたって必要になるサービス等利用計画を作成したり、希望者にとってどのような障害福祉サービスが最適かを紹介を行います。

また、利用している障害福祉サービスが本当にその方に合っているかをモニタリングし、見直しや修正も行います。

『地域相談支援』も『計画相談支援』も、障害がある方が地域生活を行うために必要な支援を行うことに変わりありませんが、相談支援の内容が地域の生活を行う上での支援と、地域の生活を営むために必要な支援内容を考えることが相違点となります。

職業紹介事業許可番号 30-ユ-300079

人材紹介事業

就労支援の一環として当社では 民間の職業紹介事業の認可を取得ノンステップで利用者と企業のマッチングを行うことができ又状況によれば助成金の手続きも行えます。